あゆみ・沿革

昭和36年3月

社会福祉法人 愛弘学園設立

大宮市片柳に児童施設「愛弘学園」発足(定員30名)

昭和45年5月

東松山市岩殿に「愛弘学園分園」開設(定員160名)

昭和48年5月

法人名称を「愛弘会」へ変更

昭和48年6月

更生施設「雪見育成園」開設(定員30名)

昭和50年6月

若葉寮、本館開設

昭和52年4月

大幅な定員変更

・愛弘学園定員200名(大宮120名、東松山80名)

・雪見育成園定員110名

昭和54年3月

障害児(者)一体運営の開始 

昭和54年4月

東松山へ法人施設運営を全て移転 

昭和56年2月

富士見寮開設(重度障害児(者)用)

昭和56年4月

施設定員240名へ

・愛弘学園定員80名

・雪見育成園定員160名

昭和58年4月

大宮市に通所授産施設「あいこう」開設

平成10年4月

通所授産施設「あいこう」を大宮市中川へ、新築移転

平成15年4月

障害児童施設「愛弘学園」定員を60 名とし障害者施設に転換

平成23年3月

「新久寮」改築(62床)

平成23年4月

「愛弘学園」と「雪見育成園」を障害者支援施設「愛弘園」へ統合

平成26年3月

「雪見棟」改築(104床)

平成27年2月

「富士見棟」改築(57床)